加齢臭・口臭・ワキガでもう悩まない

くさい体臭改善プログラム

加齢臭

加齢臭の対策と原因を知る!もうおっさん臭いと言わせない

更新日:

人間に限らず大半の生物から体から臭いを発していますが、臭いを放つ理由は生物によってさまざまで求愛のために臭いを出していることもあれば、相手を威嚇するためや追い払うために敢えて臭いを出しているようなケースもあります。

人の体臭にもいろいろな種類がありますが、年をとって老化現象が見られるようになった頃から顕著に現れるようになる加齢臭については一際強い臭いを放つのが特徴になっていて周囲の露骨な嫌な顔を見て自分の臭いが強いことに気付く人もいるかもしれません。

加齢臭は中年以降に現れる臭いというイメージがありますが、最近は食生活や生活習慣が乱れることによって若年層にも見られる症状となっており、男性だけでなく女性も自分の強く出ている体臭に対して悩みを持っている人や日頃から対策をしている人は多くいます。

加齢臭は目的があって出ている臭いではなく一種の生理現象によって出ている臭いで、酸化する皮脂や腸内環境の悪化など原因は一つではなくいろいろ重なって複合的な症状として現れます。

最近は体臭や加齢臭をぱっちり対策することができるアイテムもインターネット通販などで多く販売されるようになっているので、臭いが気になるようになったら早めに購入をして対策をするように心がけましょう。

また、食生活を改善することによってこれまで強く出ていた体の悪臭が収まるというケースもあるので、臭いの原因が何かということも考えてその原因を取り除くことができるようにするというのもポイントになってきます。

年齢に伴って出てくる加齢臭とは

加齢臭という言葉を聞くと、男性の中でも特に中年で脂が乗っているメタボ的な人から放たれる悪臭というイメージがありますが、性別に関係なく女性でも顕著に出やすい臭いの一つとなっていて中年以降から臭いが強くなる傾向にあります。

ちなみに男性と女性を比較した場合にあまり女性から加齢臭がするというイメージが湧かない人も多いと思いますが、女性は化粧や香水などを使用することによって元々の体臭が薄れているので体臭や加齢臭があまり気にならないというわけです。

体臭の中でも強烈な部類になる加齢臭は背中や首、頭など後身に多く現れる症状となっていて、後ろから強い臭いが感じられたので振り返ってみると自分の臭いだったという話しがあるように後ろから前に弱い風が吹いていると自分の体臭がよく分かると思います。

加齢臭は鼻に近いことや後ろからする臭いということもあって自分ではなかなか気付けてないことも少なくないのですが、周りが嫌な反応をするようになってから気付いたという悲しい状況にならないためにも日頃から臭いには敏感になってセルフチェックしておくこともおすすめします。

加齢臭対策アイテムや体臭改善グッズもかなり多くの種類が販売されているので、どれが自分の状態にあっているものかどうかということも同時に考える必要がありますが、ランキングサイトなども多く開設されているので、それぞれのアイテムを比較して予算に応じて買い進めて行くとよいでしょう。

性別によって違う体臭と加齢臭

加齢臭から連想されるイメージは主に中年男性の首や頭から放たれる臭いだと思いますが、特にメタボ体型の人は皮膚から皮脂が分泌されやすい状態になっているので空気に皮脂が酸化しやすい状態が作られやすく、その酸化によって悪臭が出てくる原因になっていることがあります。

そのため、この臭いが出る場合は首元や後頭部から出やすい特徴があり、臭いが強い人になると少し離れていても臭いが気になることやその場にしばらく臭いが留まり続けるくらいの臭いの場合もあります。

ちなみに体臭の中でも特に悪臭と言われることの多い加齢臭は男性に多いイメージがあるものの、実際は女性にも多く見られる症状であり特に中年女性は顕著に臭いが出ていることもあります。

しかし、あまり女性から体臭や加齢臭が出ているというイメージはありませんが、これは女性が男性と違って日頃から臭い対策に対して力を入れているためで、消臭スプレーや香水などの使用によって本来の体臭が分からなくなっています。

最近は自分の身なりや体臭を気にする男性が増えていることもあって男性もケアによって体臭があまり目立たないケースもありますが、香水を使って臭いを誤魔化そうとしている場合は香水の匂いと加齢臭が混じってさらに強力な臭いを作り出してしまうこともあります。

男性でも女性でも共通して言えるのは体臭対策をする場合は自分の体臭にあった方法で対策をすることが大切で逆効果にならないように気を付けましょう。

体臭と加齢臭に個人差がある理由

体臭の中でも加齢臭は一際強力な臭いを放っているため、日頃から臭い対策をして周囲への配慮をしている人も少なくないと思いますが、会話をしている場合などに相手が悪気なくても露骨に自分の体臭に嫌な顔をされるとあまり気持ちがいいものではありません。

体臭の中の加齢臭は主に老化現象と生活習慣が原因で臭いが強くなりやすいと言われていますが、臭いの原因になるのは脂質が皮脂となり皮脂が皮膚に分泌される際に酸化することなどが原因となるので皮脂の分泌を抑えるというのが一つのポイントになります。

人によって臭いの差があるのは皮脂の分泌による違いが関係しており、食生活が万全で適度な運動をして体の中の毒素を積極的に体外へ排出している人であれば皮脂の分泌や皮脂の酸化を抑制することができるので臭い対策としては有効な方法になります。

体臭や加齢臭は自覚症状がないことも少なくなく、自分だけは大丈夫という楽観的な気持ちを持っている人もたくさんいますが、自分が思う以上に自分の臭いは周囲に対して何らかの影響を与えてしまっているものです。

また、体臭の中には内臓疾患が起因して表に臭いが出てしまっていることもあるので単に加齢臭として片付けるのではなく臭いの原因を調べてもらって病気が見つかった場合は治療を進めて行く必要が出てきます。

個人差があるので人によって体臭改善の方法は異なりますが、根本的に治す場合はそれなりに時間がかかるのが普通です。

体臭と加齢臭と腸内環境の関係

最近は腸内環境が全身の健康や美容に与える影響や効果がピックアップされるようになりましたが、内臓器官の中では下部に位置する腸内は消化器官系として重要な役割を担っている部分でもあります。

腸内の中には善玉菌や悪玉菌などさまざまな腸内細菌が棲息しており、これらの挙動によって病気を発症させることやアンチエイジングの効果をもたらすこともあるのですが、腸内だけの問題でなく体臭や加齢臭を強める原因にもなってくるので注意する必要があります。

ちなみに善玉菌が増えると体臭や加齢臭の原因となる活性酸素の生成などを抑制することができるので結果として体臭や加齢臭予防になりますが、一方で悪玉菌が優位になっている場合は腸内の環境を悪化させることによって病気を発症することや体臭を強化してしまうことがあります。

最近は腸内環境を整えるための乳酸菌サプリなども多く販売されているので、腸の働きが十分ではないと感じる場合や腸内環境が原因となって病気や加齢臭などが強くなっている場合は通販でも購入することができるのでサプリを購入して飲用することをおすすめします。

ちなみに腸内環境が悪化すると自律神経という神経の働きを抑制してしまうことに繋がりますが、この神経の働きが鈍くなってくると不安症を発症してうつ病などのリスクを高めることになります。

食生活などにも気をつけて日頃から腸内の環境をきちんと意識することが健康な体を作る上で重要になります。

食生活を見直して体臭と加齢臭の改善をする

体臭や加齢臭が気になるようになると自分は周りの人から臭いやつだと思われていると強迫観念に迫られることがありますが、この症状を自臭症と言いそんなに体臭が強くない人でも発症することがあります。

強迫性障害と似ている部分も多く、自分が臭いと思うようになってその思い込みがさらに顕著なものになってくると本当はあまり臭いがしてないにも関わらず臭いと感じるようになり、それがさらに自臭症の症状を悪化させる原因を作ることになります。

体臭や加齢臭は自分だとなかなか分かりにくい部分もあるので、自分では臭いがあるように思って周囲の人はそんなに感じてないことも多いため、気にし過ぎることによって蓄積されるストレスの方がよほど体にとってはデメリットです。

また、体臭や加齢臭が気になる場合は食生活を改善することも意識してみることが大切で、特に現代人の食生活は乱れていると言われているので、食生活の改善をするだけでかなり体臭が収まるようなケースもあります。

その場合はできるだけ野菜や海草類などを摂取するのがポイントで、脂質が多い肉類や油ものは体内で皮脂を合成する成分を供給して臭いの原因となる皮脂の生成を促すことになるので注意が必要です。

また、仕事が忙しくて食生活のバランスを考えるほどの余裕がないという場合はサプリに頼るという方法もおすすめで、サプリであれば必要な栄養分を効率的に摂取することができるのでメリットが高いと言えるでしょう。

アンチエイジングを心がける

アンチエイジングは近年になって注目を浴びるようになった名称で、直訳をすると老化をしないための予防のことであり美容やダイエットなどのカテゴリーに同一化されることもあります。

アンチエイジングの方法にはいろいろあり、食生活などに軸を置いて行う方法や直接的にクリームなどを塗ってアンチエイジングを図るケース、運動療法によって細胞を若返らせることも可能です。

また、アンチエイジングをすることによって気になっていた体臭や加齢臭の程度が収まったというケースがあるように老化予防することは結果として体臭や加齢臭を作る原因を抑えることにもなるので体臭が気になる人はこの方法を用いることもおすすめします。

そもそも老化するのは年を取るからですが、中年以降になると代謝機能などが低下するようになり内臓の働きなども同時に低下するようになります。

体の中は活性酸素のような老化物質が蓄積されるようになり、これが原因となって体臭や加齢臭を作り出しています。

他にも体臭を強めてしまう原因にはいろいろありますが、改善することばかりではなくどうして体臭や加齢臭の臭いが強くなってしまったのかという根本的な原因を探ってその要因にマッチした方法で改善しないと効果は期待できません。

体臭は体質や遺伝的な要素も無視できない部分であるため、直接的に老化と結びつけるのは少々無理もありますが、少なからず関係しているのは間違いないので一つの指標になると思います。

適度に運動をする大切さ

運動不足の現代人が非常に増えていると言われていますが、適度に運動をすることは健康維持や美容の観点からも非常に重要なことで、新陳代謝を促す効果もあるので体臭や加齢臭の原因になっている細菌などを追い払う効果も期待できます。

運動をすると汗をたくさんかくので体臭や加齢臭は余計に強くなってしまうのではないかというイメージもあります。

この考え方は逆で汗をたくさん出すことによって臭いの元も一緒に流してくれるので体臭や加齢臭の予防効果が期待できます。

運動をする場合はできるだけ軽めの運動から始めることが大切で、最初からいきなりハードな運動をしても三日坊主になることが目に見えるため、ウォーキングなど自分で運動量を調整することができる運動から始めて、少しずつジョギングやランニングなどハードな運動に転向していくとよいかもしれません。

また、体臭や加齢臭の予防を考えるのであれば運動をして中性脂肪を減らすというのもポイントになりますが、中性脂肪は臭いの原因となる皮脂を生成する役割を担っているので、中性脂肪を取り除くことは臭いの原因を取り除くことにも繋がってきます。

中性脂肪の減少という点で考えると有酸素運動がおすすめですが、最初のうちは脂質ではなく糖質がエネルギー源として使用されることになります。

そのため最低でも脂質がエネルギー源として使用されるようになる30分の運動は心がけるようにして後は自分のペースで運動量を調整しましょう。

-加齢臭

Copyright© くさい体臭改善プログラム , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.